採用において適性検査の結果もより重要視される昨今

面接だけでは本当のことがわからないことも

新卒採用をおこなっている企業においては、面接以外に筆記試験をおこなうところが多いです。数学や国語といった基礎学力を見る試験であったり、SPI検査に代表されるもの等、その企業によってもさまざまです。面接ではわかりにくい部分をそれらの筆記試験で明らかにするという意図があり、採用時の判断にも使用されます。いい人であっても、他の人とのコミュニケーション能力が不足していると、企業内で上手に立ち振る舞いができずに孤立してしまうことも予想されます。

ストレス社会に耐える力を持った人材

採用する側としては、自社の社風や職場の雰囲気になじめる人か否かという部分も重視します。そういう面からもSPI検査や性格検査等をおこなって、その人が自社で活躍できるかを判断します。また最近では、メンタル面において病に陥る人も少なくない環境になっています。そのため、ストレス耐性を調査する筆記テストも出てきています。学生時代とは違い、社会にできるとストレスを感じる場面が増えてきますが、そのような場面で冷静に対応できるかも採用のひとつの重要な基準になります。

日々進化する適性検査とその対策本

それらの筆記試験も、最近では教本が販売されていて、それら試験の対策もなされるようになっています。結果として、どの学生も同じになり優劣をつけずらい環境にもなっています。そのため適性検査を運営する企業側でも、日々適性試験の内容を更新して対策がとれないように対応しているところも多いです。メンタル面も含めて、いろいろな角度に対しての試験も多く出てきていますが、それらについての対策本が出てくるため、適性検査についてはイタチごっこの状態になっています。

適性検査とは就活で採用テストとして扱われていることがあります。企業に合った人材かを見極めるというものです。