社員研修の実施方法は様々

目的によって異なる社員研修

会社で実施される社員研修には様々なものがあります。新入社員研修では、会社の事業内容やビジネスマナーなど幅広い内容の研修が行われます。大きな組織では、初任管理職や評価者に対する研修が行われることもあります。特定の機械やソフトウェアの操作方法を学ぶ研修では、専門的かつ実践的な内容となります。社員研修の担当者は、研修の目的と対象者を明確にし、長期的なビジョンを持って社員研修計画を立案することが必要です。

社員研修の実施方法は様々

社員研修の実施方法は、受講者の人数や内容によって異なります。簡単なのは社外で実施される研修プログラムに参加することです。ほとんどの研修プログラムは受講料が必要ですが、業界団体や商工会議所が実施する研修の中には無料のものもあります。

研修受講人数が多い場合には、研修講師を会社に派遣してもらう方が費用が安く済む場合もあります。人気の講師は、かなり先までスケジュールが埋まっていることもあるので、早めに予約をしておくのがおすすめです。

社員が講師役を務めるのも効果的

会社独自の作業内容や業務プロセスは、社外研修では学ぶことができないこともあります。その場合には、その業務に精通した社員が講師役を務めるのが効果的です。講師が社員であれば、そのときの会社の状況に即した研修が実施できますし、受講者もリラックスできるので質問しやすい雰囲気となります。社内講師の場合は、研修費用が発生しない、スケジュールを気にせずいつでも何度でも実施できるという大きなメリットも魅力的です。

管理職に必要とされるのが部下のマネジメント能力です。人をまとめて集団を上手く動かす必要があるためです。管理職研修ではこの点に重きを置いて指導が行われます。