仕事の効率化をはかるために、大切なこととは

残業をしない・させないことが大切

現在の日本企業では、長時間労働が当たり前になっています。しかし、勤務時間がはるかに短いドイツの方が生産性が高いことをご存じでしょうか。それは効率の良さにあります。時間内に絶対に終わらせるという目標を持ち、そこまでに出来る量の仕事を割り振ることが大切になってきます。もちろん上司の力量が最も試されるのですが、部下も同じような気持ちで働くことが大切です。睡眠も自分の時間も十分に取れた方が、生産性は上がります。

ムダな付き合いは避ける

日本企業の体質として、仕事とは関係のない飲み会に無理やり連れていかれたりすることが多いように感じます。これも、仕事の効率が下がる原因の一つです。いくら頑張っても正当な評価をされず、飲み会で気に入られれたことにより昇進するような人がいますと、社員のやる気も削がれるというものです。ですので、ムダな付き合いはせず個々の時間を大切にしてあげること、そして仕事面だけで評価するということを心がけなければいけません。

風通しの良い風土が大切

相手の顔色を窺ったり、少しでも地位が上の人に迎合することで自分の企画を覆してしまったりすることが多々あります。そんなことをしていては、仕事の効率は滞る一方です。目上の人への敬意は忘れず、仕事の内容に関しての意見はきっちりと言える…という風土が仕事の効率をアップさせるのに必要不可欠でしょう。そうすることで、新入社員の斬新なアイデアを採用出来たり、互いに苦手なところを補い合ったり出来る、素敵な会社に生まれ変わるでしょう。

文書やデータなどの情報が各業務の過程で円滑に受け渡し出来るよう、業務における一連の流れを図などを用いて処理手続きを定義することを「ワークフロー」と言います