引越しの荷造りが間に合わないという非常事態

初めての引越しは覚悟が必要

何度も引越しをしたことがある人は別ですが、初めて自分が主体となって引越す時って、引越し当日まで荷造りを間に合わせるのは意外にたいへんなものです。外で働きながら一人で荷造りするケースというのが最もたいへんでしょうね。一人暮らしだから荷物は少ないはずなので、その点は楽なんでしょうが、生活しながら、外での社会生活を続けながら、身の回りのものを段ボール箱に詰めて封印していくって本当に生易しいことではありません。

引越し当日まで荷造りが終わらなかったら

引越し業者を頼んでいる場合は、トラックが来るまで何が何でも荷造りを終えなければならないのですが、それができずにトラックが来たら、もうそのあとは引越し業者次第です。シーズン中ならトラックは帰ってしまうかもしれません。それもいたしかたのないことです。深く謝罪をしなければなりません。引越しスタッフが荷造りを手伝ってくれて、当日に引越すことが可能になることもあります。当然、荷造りの別料金も支払うこととなります。

早めに荷造りサービスを依頼しておく

帰られるのも、高い追加料金を支払うのも、両方とも避けたい事態です。初めてなら仕方がない面もありますが、2回目以降はもうわかっているわけですから、絶対にそうならないよう対策を講じるべきでしょう。荷造りが間に合わなくなりそうだというのは、引越しの前々日くらいにはわかりそうです。その頃までに、引越し会社の荷造りサービスを申し込んでおくことです。引越しスタッフが荷造りを手伝ってくれます。当日依頼することはできないこともありますし、料金がかなり高くなる場合もありますので、事前に申し込むことが大事です。

不用品の回収をして貰う上での注意点としては事前に回収費用を聞いておく事であり、それをしておけば確実にトラブルを防げるでしょう。